FC2ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へにほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D二人目への道 その2

前回の記事にも書いたとおり、

私は今のところ不妊症でも不育症でもない可能性が高いということ。

でもいちお3回(病院で確定されたのが2回)初期流産をしているし、

出産のときも色々問題があったので(妊娠中毒症みたいなの。)

何か問題がないか調べるということが今の課題のようで

子作りに関してはなんのアドバイスももらえぬまま。

いちおそれなりに質問も準備していったのですが、

①タイミング法について
②妊娠したときとタイミング法の理論がどう考えても合わない。

これらのことについては、
別に「できるときはできるから、考えない方がいいという」
お返事でした。


ちなみに前回、旦那も精子の検査を受けて、その結果を持っていったのですが
とくに異常なしとのこと。

あとついでに子宮癌のテストもしました。(子宮頸部の細胞をちょっととってするテスト)
検査代 21ユーロ20セント(セキュからの払い戻し有。)

後日血液検査にいって(フランスは総合病院じゃないとその場で血液検査してくれないところがほとんど。)
検査結果がでて
何か異常があれば
それに伴った薬が処方されるとのことですが
その薬は妊娠してから飲むものなのだそうです。
血液凝固を防ぐ薬だって。


今回が二回目の検診でしたが、
検査の結果が全部でて何も問題がなかったらあとは家宝は寝てまてという感じで
待ってみようかなと思ってます。
それと、もし妊娠したとしてもこのお医者さんには見てもらはないかな。と
いい先生は、いい先生なのですが。
帝王切開の傷を見てもらったところ、
「次子どもを産むときに、こことここを切ってつなげれば綺麗に傷がなくなるから大丈夫」と
言われ、次は自然分娩で産んでみたい私としては、
そういうお医者さんはちょっとなぁ。。。という感じ。
フランスはこういう医療お産がかなり当たり前になってる国でしかも
とくにお金持ち病院はそういう傾向にある。
ここもかなりお金持ち産婦人科なので、そういう人が多いんだろうな。

なんかあまり早く授かりますようにという感じでもなく
喉から手が出るほど欲しいけど
こいうのはきっと時期が来れば来るもんだと思って
それまでは体質改善、冷え症改善をゆるくがんばっていこうと思います。

 家族ブログ 二人目以降子供待ち夫婦へ

テーマ : 二人目がほしい!
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

Secre

ブロとも申請フォーム

Dプロフィール

23ちゃん

Author:23ちゃん
2004年4月パリに軽い気持ちで来ました。
どういうわけかあれよあれよと話が進み。。。
パリにきて2週間目に出会った彼と
PACS成立その日に妊娠発覚。
2007年12月22日、緊急帝王切開にて女の子出産。

現在、母と大学院生と日本語教師の
3足の草鞋を履き、パリ郊外での生活満喫中。

欲張りだから全部同時進行中。
まだまだやりたいことは枯れない泉のごとく
滞在許可証
PACS
学校の選び方
家探し
パリで妊娠、自然出産、子育て、
学校、仕事と同時進行の育児
バイリンガル教育

自分で解る範囲の情報をおすそ分け。

追記2012年9月 次女が誕生しました。
フランス生活8年目にして初めて学業休憩中!

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
海外生活ブログ パリ情報へ





現在の閲覧者数:

Dカテゴリー
D最近の記事
Dカレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
D最近のコメント
リンク
ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。