にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へにほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D踏んだりけったり妊婦生活 妊娠9カ月編

 日本で両親、周りの人達に甘えまくりとても充実した一カ月がおくれました。
何の問題もなく、それまでの体調不良もうそのような。
帰りの飛行機もなんなくクリア。

家に帰ったら、やりたいこと、やるべきことは山積み。
「さあ!」と思ったのと日本滞在を無事終えてホッとしたのと、気温ががくっとさがったので
なんと、帰国して翌日に

ひどい

こんな痔はモハナを妊娠しているとき以来。

痛すぎて、痛すぎて、座るのも歩くのも無理。
そしてこんなときに限ってフレッドは仕事が忙しくて休めない。
その次の日に妊婦健診があるので、ひとまずそのときまで我慢することに、

診察の結果、
「今、肛門科?の先生に問い合わせたので、今から手術しましょう。」

え!!!!
まさか、出産前にこんなことがあるなんて!!!!

局部麻酔を打ち(むっちゃ痛かった。親知らず抜くときくらい。)
ちょちょっときって、ちょちょっと縫われた。
(会陰切開ってこんな感じかな??)
いぼを摘出したわけではなく、中に入れやすいようにしただけで、また再発するらしい。

汚い話しだが、幸か不幸かこの妊娠生活で妊娠初期を除き
私はすこぶる快便で。一日多いときで3、4回でる。
それは痔になっても同じことで
めっちゃ痛いのに出る。
便意を我慢するか、痛みを我慢するか。
私は痛みを我慢することにした。

出産でいきんだりするときにまたどうせ再発するらしい。

しかしほんとに踏んだり蹴ったりの妊婦生活だ

不育症検査中に妊娠、つわり中に気管支炎、やっと安定期と思ったら帯状疱疹、出産予定クリニックの閉鎖、
そして痔の手術。

全てにおいて赤ちゃんが何事もなく育ってくれているのが
救いである。元気でいてくれてありがとうさん。

さあ残り一カ月無事にすぎますように。






テーマ : マタニティライフ
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

Secre

ブロとも申請フォーム

Dプロフィール

23ちゃん

Author:23ちゃん
2004年4月パリに軽い気持ちで来ました。
どういうわけかあれよあれよと話が進み。。。
パリにきて2週間目に出会った彼と
PACS成立その日に妊娠発覚。
2007年12月22日、緊急帝王切開にて女の子出産。

現在、母と大学院生と日本語教師の
3足の草鞋を履き、パリ郊外での生活満喫中。

欲張りだから全部同時進行中。
まだまだやりたいことは枯れない泉のごとく
滞在許可証
PACS
学校の選び方
家探し
パリで妊娠、自然出産、子育て、
学校、仕事と同時進行の育児
バイリンガル教育

自分で解る範囲の情報をおすそ分け。

追記2012年9月 次女が誕生しました。
フランス生活8年目にして初めて学業休憩中!

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
海外生活ブログ パリ情報へ





現在の閲覧者数:

Dカテゴリー
D最近の記事
Dカレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
D最近のコメント
リンク
ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。